(株)日本サーマル・コンサルティングのサイトへようこそ

株式会社日本サーマル・コンサルティングは熱分析、熱物性、ナノスケール赤外分光/熱分析、メカニカル特性分析を専門に高度でより多彩な分析に対応出来るように最先端技術の製品を扱い装置販売と受託分析サービスでお客様のニーズにお応えしています。

(株)日本サーマル・コンサルティング 会社概要

会社名

株式会社日本サーマル・コンサルティング

所在地

本社:〒160-0023東京都新宿区西新宿1-5-11新宿三葉ビル5F
PH:03-5339-1470
Fax:03-5339-1471

ラボルーム:〒252-0143神奈川県相模原市緑区橋本6-5-10 中屋第2ビル6F   【MAPはこちら】
(JR横浜線/京王線・橋本駅北口より徒歩5分)

Eメール

info@thermconsult.co.jp

事業内容

科学機器(主として熱分析装置)の輸入販売及びメンテナンスサービスと技術サポート

会社沿革

株式会社日本サーマル・コンサルティング設立者浦山憲雄の熱分析に関する歩み

1977年
米国デュポン社熱分析システムの日本におけるマーケティング、販売、メンテナンスサービス、技術セミナーを開始。デュポンの高度な技術を持って大学、公的研究機関及び企業研究所への販売実績を着実に伸ばす。

1991年
デュポン社から熱分析事業部が独立しTA Instruments社が米国で設立
されたと同時にティー・エイ・インスツルメント・ジャパン㈱を設立し日本に於ける
マーケティング及び販売そして技術セミナーを更に強化する。特にモジュレイテッドDSC(温度変調DSC)やマイクロサーマルアナライザーそしてTゼロDSC等ユニークな技術の普及に力を注いで日本に於けるティー・エイ・インスルメント社熱分析システムのシェアー拡大を実現した。

2004年
海外で次々と開発される多種多様の熱分析技術を更に日本に普及させる事と長年の熱分析技術経験を生かしセミナー,技術トレーニング,サービス,技術情報提供(アプリケーションデータ)等を通してお客様のお役に立つ事を目的として(株)日本サーマル・コンサルティングを設立。世界の優れた技術を持つ会社と提携しティー・エイ・インスツルメント社の熱分析システムのみならず局所(ナノスケール)における熱分析を可能にする米国アナシスインスツルメント社ナノサーマルアナリシステムや広い応用範囲に適応出来るドイツ・リンザイス社広応用範囲(高温領域やピコメータースケール膨張率測定等)熱分析システム等の販売とサービスを開始した。

2006年
米国アナシスインスツルメント社ナノサーマルアナリシスシステムの新製品,光学顕微鏡方式のVESTAシステムやドイツ・リンザイス社の新製品,レーザーフラッシュ方式熱拡散/熱伝導率測定装置の販売を開始。
そして新たな業務として受託分析事業拡大等で業績を伸ばしている。

2008年
米国アナシスインスツルメント社の画期的赤外分光分析技術nanoIRスペクトロスコピーシステムのマーケティングと販売を開始し、新たな赤外分光技術へ参入。

現在地:トップページ会社概要